診療案内・料金Introduction

Target診療対象動物

江東どうぶつ医療センターでは、犬や猫、うさぎ、フェレット、ハムスターなどの小動物やエキゾチックアニマルを対象とし、一般診療から夜間の救急診療を通して、飼い主様にとって大切な家族の一員である動物たちの健康管理をお手伝いさせて頂いています。その他の動物に関しては、お電話にてご確認ください。

  • イメージ

  • イメージ

  • イメージ

    フェレット

  • イメージ

    うさぎ

  • イメージ

    ハムスター

  • イメージ

    チンチラ

Medical Treatment診療内容

当院では、「1次診療段階で、限りなく2次診療に近いレベルまで最大限対応する」ことを掲げ、最新の医療機器を導入し、高度医療を実践する「1.5次診療」を実践しており、獣医師は、飼い主様と動物に対して最大限お役に立てるよう日々研鑽を積んでおります。また、予防医療のほか、腫瘍や循環器の診療、老齢動物の介護やケアにも力を入れており、動物の治療だけではなく、健康管理という観点での関わり方にも重きを置き、「真のかかりつけ医」を目指しております。
外科、内科ともに、他の動物病院から紹介を頂くケースも多く、重症度や緊急度の高い動物を診療するケースも多数対応しております。当院での対応が困難であると判断しうる症例であっても、外部獣医師との連携で対応可能なケースもありますので、まずはご相談ください。

一般

耳掃除、爪切り、肛門腺しぼり、足裏毛のカット、毛玉取り、健康診断

予防

ノミダニ予防、回虫などの消化管内寄生虫予防・駆除、狂犬病ワクチン、混合ワクチン(犬・猫・フェレット)、フィラリア予防薬

手術

避妊・去勢:比較的早期の手術が性ホルモン関連の疾病予防になることがあります。ご相談ください。
歯科処置:歯石除去や抜歯により口腔内環境を清浄に保ちましょう。不衛生な口腔環境は肺炎や気管支炎リスクを上昇します。 
整形外科:椎間板ヘルニア、骨折、膝蓋骨脱臼、その他
腫瘍外科:皮膚腫瘤、乳腺腫瘍、消化管腫瘍、その他

抗がん剤治療

当院では腫瘍の診療に力を入れております。
リンパ腫、肥満細胞腫、多発性骨髄腫など抗がん剤治療が適当であると判断される症例の抗がん剤治療やセカンドオピニオンもご相談ください。

循環器

レントゲン、心臓のエコー(超音波検査)、血液検査(NT-proBNPなど) など多角的な検査結果から内服での維持を目指せるのか、外科適応症例なのかなど治療方針の提案を行います。

避妊・去勢手術(犬)

♀女の子→避妊手術は、以下2点を目的に実施します。
– 主に高齢になったときに罹患しやすい、子宮や卵巣まわりの病気の予防、乳腺腫瘍の発生率の減少
– 望まない妊娠の予防

乳腺腫瘍(胸のしこり)の発生率は、避妊手術の実施時期によって大きく異なります
– 初回発情以前に実施:0.05%(その後の発生率)
– 2回目の発情以前に実施:8%
– 2回目の発情以降に実施:26%
手術を行うことにより命に関わることもある子宮蓄膿症や卵巣の病気ににならなくなり、2回目の発情前に行えば乳腺腫瘍の発生率も下げることができます。

♂男の子→去勢手術は高齢時に発生しやすい前立腺肥大や腫瘍・膿瘍、精巣腫瘍の予防、ホルモン依存性に発生しやすい肛門周囲腺腫、会陰ヘルニア(おしり周りの筋肉が萎縮し隙間から腸や膀胱へ脂肪の脱出してしまう)の発生を抑える目的があります。
精巣が皮膚の下(皮下陰睾)やお腹の中(腹腔陰睾)など正しい位置にない潜在精巣の場合(血管が近く過剰な減数分裂などがあり)腫瘍になるリスクが高くなるため、早い段階での去勢手術実施が望ましいです。
主に子犬の時期に実施することが多いですが、成犬の場合は上記理由から早い段階での手術を推奨しています。

避妊・去勢手術(猫)

避妊手術の目的は大きくは犬と同じです。
猫の発情期は大きな声で鳴くなどの行動が目立つ場合が多く、避妊手術することでこれらの発情行動の抑制または軽減につながる可能性があります。

乳腺腫瘍の発生率は、避妊手術の実施時期によって大きく異なり、
– 6カ月齢以前に実施:9%の発生率
– 7~12カ月齢に実施:14%
– 13~24ヶ月齢に実施:89%
となりますので、早い時期に行えば乳腺腫瘍の発生率を下げることができます。
乳腺腫瘍は猫さんは残念ながらほぼ悪性です そしてほぼ肺などへ転移します。

去勢手術はマーキング(スプレー)行動の抑制や軽減を主な目的として実施します。
また、猫さんでも犬と同じく潜在精巣の場合はマーキングの有無を問わず早期の手術が望ましいです。

Price診療料金

  • 基本
  • 検査
  • 血液検査
  • 入院料 (1日あたり)
  • 手術
  • ワクチン
  • ホテル (1泊2日)

基本

初診料 1,000円
再診料 500円
爪切り・肛門腺・耳掃除・肢裏バリカン セットで500円

検査

糞便検査 1,000円
尿検査 1,500円
耳垢検査 1,000円
細胞診検査 2,500円
レントゲン検査 サイズ小 3枚で5000円 追加1500円  尿路などの造影は別途
サイズ大 7500円で3枚 追加2000円
超音波検査 一部位 2,000円~

血液検査

血球検査 1,500円
生化学 (1項目) 500円~
フィラリア検査 2,000円

入院料 (1日あたり)

小型犬・猫 1,500円
大型犬 2,000円

手術

犬 去勢 中・大型犬は麻酔料金の追加 あり
陰睾(皮下 腹腔)は5000円~ の追加料金
20,000円~ 
犬 避妊 30,000円~ 
猫 去勢 15,000円
猫 避妊 25,000円
歯石除去 18,000円~抜歯の程度や年齢・全身状態などで変動あり

※術前血液検査は別料金となります。

ワクチン

狂犬病 2,500円
犬 2種 4,500円
犬 6種 6,500円
犬 9種 7,500円
猫 3種 4,500円
猫 5種 6,500円

ホテル (1泊2日)

小型犬・猫 (10kg未満) 3,000円
中型犬・大型犬 (10kg以上) 4,500円

Equipment施設・設備案内