獣医師 N・K さん

「1次診療で限りなく2次診療レベルまで最大限対応したい」という自分の想いが実現できる環境。

なぜ、まつばら動物病院に入社しましたか?

入社を決めた大きな要因は、「1次診療の段階で、2次診療レベルまで最大限対応したい」という自分の想いが実現できる「1.5次診療」を実践している環境だと感じたからです。
医療機器の関係で、2次診療で対応できない部分はもちろんありますが、出来うる限りの高度医療を手掛けることで、飼い主さんにご安心いただき、動物にとって最大限の治療ができるのは、「1.5次診療」の良さだと思っています。
また、自分の専門領域を高めるためにも、より良い環境を求めていたこともあり、「○○専門クリニック」で腕を磨くことも考えましたが、総合クリニックの中に専門の先生がいることの方が、飼い主さんや動物にとってより良い価値を提供できると考えたことも入社の理由のひとつです。

まつばら動物病院で働く中で感じている充実感はどんなことですか?

まつばら動物病院では、重症度を問わず様々な症状の動物を受け入れています。そのため、本当に幅広い、他の動物病院ではなかなか経験できないような症例を担当できるので、獣医師としての経験値を上げられている実感があります。
重症度の高いワンちゃんや猫ちゃんなどは、クリニックによっては他の病院に振ってしまうケースもありますが、まつばら動物病院では、診療の質を担保するために最新の医療機器を導入しているため、対応できるケースが一般的な1次診療の動物病院よりも圧倒的に多いと感じています。それゆえに、動物の命と真正面から向き合えていると実感できるところが良いと感じています。

今後入社してくる方にどのようなことを伝えたいですか?

自分自身の体験談もありますが、獣医療に関してのモチベーションが間違いなく上がると思います。
自分が獣医師としてどんなことがやりたいのか?院内でどんな役割を担いたいのか?をイメージすれば、松原院長との面談を通して、自分に合うかどうかがジャッジできると思います。
まつばら動物病院は「1.5次診療」を掲げ、今後も総合病院としてやっていく方針ですが、様々な専門の先生にも協力いただいているので、専門分野も伸ばしていける環境があります。
学会や勉強会などへ松原院長自身も率先して参加されていますが、私たち獣医師にも積極的に参加するように、促していただいています。獣医師として、臨床経験を積み重ねることはもちろん重要ですが、学術的なレベルアップの機会を増やすことにも重きを置きたいという獣医師には非常にマッチした環境だと思います。